一部の上位取次店に対する訴訟について

平成30年7月5日、破産管財人が一部の上位の取次店に対して提起していた訴訟について、RFID事業は無限連鎖講に準ずるものであり、オーナー契約及び取次店契約は公序良俗に反して無効であるとして、取次店報酬の返還を命じる第一審判決が言い渡されました。なお、同判決に対しては、被告の一部から控訴がされています。

2018年07月25日