Q.債権調査を終了したようですが、いつ配当するのでしょうか。配当率や、配当額を教えてください。【new!】

A.これまでの破産管財人の換価業務の結果、一般破産債権への配当の見込みが生じたため、先般、債権者の皆様に債権届出書を送付し、債権調査を実施しました。
 現在、破産管財人においては、サンクの財産の換価業務を継続して行うとともに、租税債務を確定させるため、税務上の手続を行っております。

 租税債務は、破産法上、一般破産債権に優先します。
 そのため、当該租税債務が確定しなければ、一般破産債権への配当率、配当額を算定することができず、現時点では、債権者の皆様に、配当率、配当額、配当予定時期をご案内することができません。

 国の対応状況にもよりますが、税務上の手続には法律解釈上の重要な争点も含まれていることから、租税債務の確定までには、なお相当の時間を要することが想定されます。
 今後、配当のご案内ができる時期になりましたら、債権者の皆様に、その旨のご案内書面を送付する予定です。

2019年06月11日